絵本の世界

防災の本おすすめ7選!9月1日は防災の日。親子で知っておきたい、もしもの時の行動

9月1日は防災の日に制定されています。

1923年(大正12年)、関東大震災が起こったことに由来しています。

この日になると、各地で避難訓練が行われたり、備蓄品の見直しをするご家庭も多いですね。

地震大国である日本には、防災に関する絵本や児童書も多くあります。

防災の日に向けて、絵本や児童書を読んで親子で防災について考えてみましょう。

防災の本で学ぼう【4歳~】

防災の絵本を親子で読んで、日ごろから意識を高めておきましょう!

こどもぼうさい・あんぜん絵じてん

created by Rinker
¥2,052
(2019/08/25 13:31:04時点 楽天市場調べ-詳細)

交通安全・身の回りの事故、火事・大雨、台風、雷、大雪・地震、津波、火山の噴火・防犯などについて詳しく書かれています。

自然災害が起こる仕組みと、次のページには災害から身を守るための方法が書かれた絵じてんです。

絵本ではなく絵じてんなのでストーリーはありませんが、ひらがな・カタカナで本文が書かれていて、かわいいイラストもたくさんでとても読みやすい本です。

ちっぷ
ちっぷ
図書館で借りていたけど、とても参考になるのでこの機会に我が家も購入しました

台風がきたぞ(紙芝居)

なおやが住む地方に大型の台風が近づき、夜に近くの公民館へ、家族と一緒に避難する紙芝居。

避難準備の段階では、なんだか遠足のようでワクワクしていたなおやですが、いざ強い風雨の中を避難することになると、危険がいっぱいで…

ちっぷ
ちっぷ
避難の状況を描いた絵本ってあまりないので貴重!図書館などで探してみてください
子どもたち
子どもたち
紙芝居だから、絵も大きくて怖さやドキドキが倍増…!

じしんのえほん こんなときどうするの?

created by Rinker
¥1,296
(2019/08/25 14:29:34時点 楽天市場調べ-詳細)

ちっぷ
ちっぷ
地震が起きたとき、家族一緒とは限らない!
子どもたち
子どもたち
一人の時に地震が起きたらどうしたらいいか、シュミレーションができる絵本です

公園で遊んでいるとき、登下校中に、犬の散歩をしているときに地震が起きたらどうする?

いろんな場面で、地震が起きたときにどういう行動を取ればいいのか、親子で考えることができる絵本です。

にげましょう

created by Rinker
¥1,944
(2019/08/25 16:05:04時点 楽天市場調べ-詳細)

あらゆる災害が起きたときに、取るべき行動をわかりやすく書いてくれているシンプルな絵本。

広域豪雨の場合・集中豪雨の場合・ゲリラ豪雨の場合・山で有害な虫や大型動物と出合った場合・土砂災害の場合・高潮の場合・竜巻の場合・インフルエンザが流行中の場合・火山噴火の場合・津波の場合・原子力発電所事故の場合

Amazon 商品紹介ページより

道路標識に登場するような記号的な人物が、ひたすら災害から逃げる様子を描いています。

ちっぷ
ちっぷ
真面目な絵本ですが、少しEテレの「ピタゴラスイッチ」や「デザインあ」ぽい雰囲気がありますね

どのような行動を取れば自分の命を守れるのか、子供と眺めてみてください。

防災のまんが・児童書【小学校低学年~】

小学校低学年向けの、防災のための絵本、児童書、まんがもたくさんあります。

はしれ、上へ!つなみてんでんこ

created by Rinker
¥1,404
(2019/08/25 16:05:04時点 楽天市場調べ-詳細)

3.11で、津波が起きたときの教訓として日本中に知れ渡った「つなみ てんでんこ」(津波が起きたら、まず自分の命を自分で守るために、それぞれで高台へ逃げろ)という言葉を題名に据えたこの絵本。

岩手県釜石市の小学生の、実際の避難の様子を描いたドキュメント絵本です。

緊張感のある、迫真の絵とストーリーで、何度も親子で真剣に読んでいます。

山へ向かう坂道を、必死で逃げる子供たちの姿や避難所での様子に胸が締め付けられる教訓の絵本です。

ぼくのじしんえにっき

この本は、私のトラウマ児童書でもあります。

ちっぷ
ちっぷ
小学生の時に読んだことがあるのですが、去年、書店でこの本を見かけたときに心臓がドキンとはねました!

日本のある地方(首都圏)を巨大地震が襲い、広範囲が壊滅状態に陥った設定です。

小学生の「ぼく」の手でつづられる、大災害の恐ろしさ、人々の略奪行為、家庭の不和、伝染病、愛する家族の死…

防災に対する意識が今より低い、30年近く前の作品です。

フィクションですが、大災害が起きたときには、こんなことが起こる恐れは十分にある、という災害の恐ろしさを教えてくれる作品です。

ドラえもん 地震はなぜ起こる

ドラえもんとのび太が、地震の起こるメカニズムや、日常生活で気を付けておくべきことを教えてくれるまんがです。

地震が起きたときにどうするかだけでなく、普段から通学路で気を付けることや、家族での決め事の重要性を教えてくれる一冊です。

子どもたち
子どもたち
このマンガを読んでから、通学路の危ない箇所を気にするようになりました

防災かるた

こくみん共済<全労済>防災かるた

無料ダウンロードして作れる防災かるたです。

遊びながら、重要なことが覚えられますね!

防犯の本

日常の中で、子供が犯罪に巻き込まれないために、防犯の本もぜひ一冊は親子で読んでおいてくださいね。

created by Rinker
¥2,052
(2019/08/26 00:56:49時点 楽天市場調べ-詳細)

上でもご紹介したこの絵じてんは、防犯に関してもわかりやすく書かれています。

外では一人でトイレに行かない、一人で家に入る時の注意、インターネットの使い方など、

取りこぼしのないように子供に教えておきたいことが丁寧に書かれています。

たくさんある「学校では教えてくれないこと」シリーズの一冊です。

楽しいキャラクターがギャグを織り交ぜながら防犯・防災・事故について、まんがと説明文で教えてくれます。

小学校低学年以上におすすめです。

ちっぷ
ちっぷ
割とテンション高めなので楽しく最後まで読めますよ!

有名な、子供をターゲットにした(性)犯罪から身を守るための絵本です。

カナダの小学校では副読本として取り入れられていた絵本で、柔らかなタッチの絵で、外出先や親戚の家で、体を触られた、声をかけられた…などの怖いトラブルが起きたとき、具体的にどうすればよいかを教えてくれます。

万が一のことが子供の身に起きたとき、親としてどのような行動を取り、どのようにケアをすべきかも書かれています。

家庭では話しにくいことを親子で話すきっかけを与えてくれる絵本です。

防災の本以外にも、子供の防災意識を高めるためにできること

防災の日に向けて、防災の本・防犯の本をご紹介しました。

絵本を親子で読んだ後は、いつ起こるかわからない自然災害に備えて、どんなことができるか話し合うといいですね。

・幼稚園や小学校で避難訓練をしたら、どんなことに気を付けるように指導を受けたか振り返る

・家庭の防災セットや備蓄品を一緒に確認する

・通学路や近所の危ない場所を一緒に確認する

・災害が起こった時の連絡方法や待ち合わせ場所、頼る人の打ち合わせをする

ちっぷ
ちっぷ
いざというとき子供たちが困らないように、生活必需品の買い置き、しておきましょうね!