楽しい知育

分数パズルはおすすめのくもん教材!ひと工夫で遊びに差がつく!

知育をしているご家庭に大人気のくもんの教材・おもちゃ。

我が家にもたくさんのくもん教材がありますが、その中でも登場回数が高く、買ってよかったな~と思う教材のひとつが「はじめての分数パズル」です!

対象年齢は5歳以上ですが、購入したのはもう少し早くて、長男が4歳頃だったと思います。

小学校中学年の算数で登場し、つまづく子が多いといわれるのが分数。

そんな分数で、小さなころから遊べるのがこの「はじめての分数パズル」です。

ちっぷ
ちっぷ
我が家のひと工夫加えた分数パズルの楽しい遊び方を紹介します!

くもんの教材といえば「数字盤」も人気!

数学検定に史上最年少で9才が合格!小さな頃にしていたこととは?でも数字盤について書いています。

くもんの分数パズルで遊びながら算数!


くもんの分数パズル 内容は?

分数パズルの内容は

  • 分数パズルのガイドブック
  • 分数の表(裏表ポスター)
  • 分数ピース11種類67個
  • ピースを並べるトレイ2個
  • さいころ2個
  • できたね!シール3枚
  • ピース収納袋

分数パズルにひと工夫

我が家の分数パズルのピースには、その分数が表す

  • 角度
  • 小数

を、市販のシール(ダイソー)を使って貼っています。

ちっぷ
ちっぷ
高学年になって改めて分数と角度、小数の変換を覚えるより、遊びの中で、体感してもらいたいと考えています

分数パズルでできる遊びは?

 

分数パズルの特長は

  • 「1/3ピース3枚でトレイにぴったりはめられる=1になる」
  • ピースの組み合わせを試行錯誤する中で、分数の大きさの概念に触れられる
  • 分数の基礎概念(通分・約分・大小比較・加法・減法)に触れられる

遊び方ステップ①

  1. それぞれのピースを重ねて、大きさを比較する
  2. 1色(同じ大きさのピース)で1を作ってみる(11パターン)
ちっぷ
ちっぷ
「分母が違うとピースの大きさはどう変わる?」とか、「1/4がいくつで1(円)になる?」というパパママの声掛けも大事ですね!

遊び方ステップ②

  • 2色(2つの大きさのピース)を使って1を作る(39パターン)

例・1/2を1枚と1/4を2枚など

遊び方ステップ③

  • 3色を使って1を作る(72パターン)

例・1/2を1枚・1/4を1枚・1/8を2枚など

遊び方ステップ④

  • 4~5色を使って1を作る(45パターン)

他にもこんな遊び方

  • ピースを積み木のようにして形を作る
  • 分数の目が書いてあるサイコロを振って、出た目のピースをトレイにはめて、早く1を完成させる競争
ちっぷ
ちっぷ
親子で競争すると盛り上がります!そのうち、どの大きさのピースを組み合わせれば1になるのか自然と理解します


 

数学検定1級に9才児が史上最年少合格!小さな頃にしていた事とは?数学検定1級(理数系大学院卒業レベル)に、小学4年生の9歳の男児が合格したことが話題となりました。 これまでの最年少記録は、昨年10月...
中学受験・低学年のうちにしておけばよかった事!先輩ママ37の後悔お子さんの中学受験を考えている低学年のパパママは、なんだか焦る気持ちになることはないですか? ネット上にはたくさんの情報が...

分数パズルの他にも便利グッズはたくさん!

分数パズルの他にも、分数を楽しく学べるグッズを紹介します!

分数の本「わたしは分数」

わたしは分数

古い本なので、書店やネットでも入手しにくいようですが、図書館の算数コーナーに置いてあると思います。

我が家ではたびたび借りています。

集団や、四角形や円、三角形などの図形の中の1/2、1/3、1/4をさまざまな分け方でわかりやすく教えてくれる本です。

園児でも十分にわかるやさしい説明で、ビジュアルで分数をとらえることができます。

料理で分数「目盛り入りまな板」

リトレー メジャーまな板シート 赤LI0205RD

ホットケーキやケーキなど、丸いものをカットするときに分数を意識できるまな板。

台所育児や食育に力を入れているご家庭にはぴったりですね。

小学生が考案「分数ものさし」


小学5年生(当時)が考案した分数ものさしは、12センチを1として

  • 1センチ=1/12
  • 2センチ=2/12、1/6
  • 3センチ=3/12、1/4

というように表記がされています。

約分と分数の加減乗除ができるようになっています。

ちっぷ
ちっぷ
分数を習い始めた小学校中学年から使うと理解が進みそうです!

紙の上の概念としてとらえてしまうと非常に理解しにくい分数。

小さなうちから、遊びながら、生活の中に自然とあるものだと認識していくのがよさそうですね!