楽しい体験

本当に子供にさせたい64の体験と習慣!知育・スポーツ・料理…12冊の教育本からの答え!

お勉強以外で、大切な我が子が子供のうちに「本当にさせたい体験」「習慣にしたいこと」って、何かありますか?

「世間一般で、子供の成長にいいとされていること」は、いろいろありますが…。

ちっぷ
ちっぷ
そもそも、「こんな大人になってほしい!」という子供への願いはありますか?

令和時代、「親が子どもに望むこと」調査。1位は…

Q.令和時代を生きる子どもに親が望むことは? 
・失敗しても立ち直れて成長できること 46.0%
・自分の力で道を切り開けること 38.9%
・世界の人とつながり協同できること 5.6%
・AIに負けない考える力を持つこと 3.3%
・その他 3.0%
・特にない 3.1%

ウーマンエキサイト 令和時代「親が子どもに望むこと」調査。1位は“失敗しても立ち直る力”【パパママの本音調査】より引用

子どもたち
子どもたち
「失敗しても立ち直れる力」かぁ…!
ちっぷ
ちっぷ
まとめると、粘り強さ、主体性、協調性、思考力といったところですね!

我が子が大人になる、その成長過程に大きな影響を与える、子供時代の体験や習慣。

子供が子供らしく過ごせる幼児~小学生時代までに、お勉強以外で「させておくべき体験」って具体的には何なのか気になりますよね。

ちっぷ
ちっぷ
私がたくさんの教育本を読んで学んだ、「子供にさせておくべき体験」をまとめてみました!
読んだ本 著者
一流の育て方 ムーギー・キム / ミセス・パンプキン
小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」 中根克明
世界標準の子育て 船津徹
わが子を「ヤワな大人」にしない子育て 高濱正伸
スタンフォード大に3人の息子を合格させた50の教育法 アグネス・チャン
「非認知能力」の育て方 ボーク重子
子どもに体験させたい20のこと 佐藤悦子
学力は家庭で伸びる 陰山英男
頭のいい子が育つママの習慣 清水克彦
子どもの教養の育て方 佐藤優 / 井戸まさえ
子どもを伸ばす家庭力 斎藤孝
わが子を伸ばす四大必須科目「音読」「作文」「暗算」「焚き火」 松永暢史
子どもたち
子どもたち
12冊の本を読んで、出た答えとは??

多くの教育本で推奨されているのは

・「外遊び」で友人と思いっきり体を動かし、体力をつける

・「料理」で段取り力や生活能力を培う

・「チームスポーツ」で協調性や努力を学ぶ

・「楽器」を習うことで毎日鍛錬し、一芸を身につけ、豊かな心を育む

ちっぷ
ちっぷ
どれも納得の理由ですし、親として子供にさせたいな~と思うことが多いです!

でも、この他にもたくさんある「子供にさせておくべき体験」!

一挙まとめてご紹介します!



子供にさせたい体験と習慣①強い体と豊かな心を育てよう

ちっぷ
ちっぷ
子供にさせたい体験、まずは運動編から!

【運動・外遊び・生き物編】

・ヘトヘトになるまで自然・公園・アスレチックなどで遊ぶ

・運動コンプレックスは運動による鍛錬で解消させる(マラソン・水泳・武道がおすすめ)

・親子マラソン

・登山

・釣り

・焚き火

・プチ冒険

・虫・魚・木の実の採集体験

・生き物を飼う

・ホエールウォッチング

・農業体験

外遊びを推奨する教育本は多い。

マラソン・釣り・登山など忍耐力を鍛えられる体験も推奨されている。

また、ペットや虫など身近な生き物から、クジラなど自分よりはるかに大きな生き物と接することで、命の尊さや思いやりの気持ちを育むことができる。

【工作・芸術編】

・大量の木切れ、紙、ねんどを与える

・ナイフを使わせる

・アートに触れる

・クラシック音楽を聴く

・花をかざる

・絵画をかざる

工作は、自由に使えるように大量の材料を与えるとよい。

大人の目が届く場所で、刃物や工具の使い方に慣れるのもよい。

芸術作品や音楽を身近に感じることで、豊かな感情が育まれる。




子どもにさせたい体験と習慣②社会の一員として身につけること

ちっぷ
ちっぷ
子供にさせたい体験は、お出かけ先のこんなことも!

【社会のルール】

・乗り物に乗り慣れる(自転車の運転ルール、バスの乗車マナーなど)

・お手伝いをさせる

・近所の散歩をする

・お出かけ先で「トイレはどこですか?」と子供に尋ねさせる

・ハキハキ、顔を見て、立ち止まって挨拶をする習慣をつける

・うわばきは自分で洗う

・公衆トイレはきれいに使う

・正しい金銭感覚を身につける(小遣い帳をつける)

社会で生きていく上のルールやマナーを経験させる。

「自分のことは自分でする」「他人のことを考える」習慣をつける。

【人間関係】

・勉強以外の競争をさせる(スポーツ、音楽、ダンス、将棋など)

・悔しい体験をさせる

・ケンカ

・小さなモテ体験

・チームスポーツをさせる

・サマーキャンプに参加させる

・異年齢での活動をさせる

・多くの人と接する機会を作る

・大人の集まりに連れて行く

・学校・家庭以外の空気にふれさせる

・憧れの第三者(家族以外)を作る

・知的スターを持つ

・国際交流で外国の文化に触れる

・各国の伝統行事を祝う

子どもたち
子どもたち
年上の子や、よその大人と一緒に何かをするっていい経験になるんだね!

競争やケンカをして悔しい思いをすることで、向上心と同時に他者を思いやる気持ちが生まれる。

チームスポーツや異年齢のキャンプなどで、他人と協力することを覚える。

たくさんの人と触れ合い、いろいろな場での振る舞い方を学ぶ。

家族以外の憧れの存在は、思春期にもさまざまな影響を与えてくれる。

外国の文化に触れて、広い世界に目を向けるきっかけを作る。






子どもにさせたい体験と習慣③知識を増やし、自己を表現する

ちっぷ
ちっぷ
読書やニュースに触れることは、自分の世界を広げることにも役立ちます!
子どもたち
子どもたち
子供のこんな体験から、自分を表現する力がついていくんだね…!

【いろいろなことから知識を取り入れる】

・ラジオのニュースを聴く

・新聞を読む

・家族に今日の天気を教える係に任命する

・週刊子どもニュースごっこをする

・読書

・音読

・習字

・かるた・百人一首

・ネットではない、プロに編集された文章を読む

・はとバス、京都の観光バスに乗る

・戦争の悲惨さを学ぶ

・祖父母からの伝承を聞く

・本が並んでいる家に住む

・食事中の会話を充実させる

・図書館・博物館に通う

ニュース・新聞には積極的に触れさせる。

音声のみのラジオは、想像力が働くのでおすすめ。

読書は子供の世界を広げてくれる。

家族での会話を大切にする。

子供とかるたを楽しもう!知識×親子のコミュニケーションもばっちり取れる子供とかるたで遊んでますか? 今は、かるた=お正月の遊びではないんです! 書店に行けば、知育にぴったりのかるたがあるわあるわ...
子供と新聞を読む習慣をつけよう!新聞好きになる方法をご紹介!皆さんのお宅では、新聞とってますか? 新聞の定期購読、保護者の33%が「経験なし」  また、子どもが新聞を読んでいるか聞く(N=...

【自分を表現して、自分を知る】

・日記を書く

・質問させる

・意見を述べさせる

・服を選ばせる

・コメントさせる

・誕生日会の出し物の企画をさせる

・アイスの味を選ぶときには、理由と一緒に選ばせる

・楽器をひとつ弾けるようにする

・演劇をさせる

・親子で哲学会話をする「なぜ友情は大切か」「働くとは何か」

自分の思いを文章、コメント、質問などいろいろな形で表現することを習慣にしておく。







実際におうちで子供と一緒にしていることはいくつありましたか?

子供が子供らしくいてくれる時間は、実はごくごく短いと言われています。

子供の世界を広げてくれる体験はたくさんさせてあげたいですね。