楽しい知育

おすすめ知育グッズ・ゲーム5選!休校中も楽しく遊ぼう

2020年2月28日夕方、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐため、全国の公立小中学校・高校に休校要請が政府より出されました。

この記事では、休校中、自宅にいる子どもが退屈しないおすすめ知育グッズ・ゲームをご紹介します!

おすすめ知育グッズ・ゲーム、一人で遊べるもの

まずは、子供が一人でも集中して楽しめる知育関連グッズをご紹介します!

ロンポス


 

ちっぷ
ちっぷ
「ロンポス」はたくさんのシリーズがありますが、我が家のおすすめはこのロンポススペースエレメント202です!

ロンポス202とは?

  • 7色の違う形のピースを組み合わせて問題のパズルを解く
  • 平面問題87問収録
  • 立体問題(ピラミッド型に積む)115問収録
  • 対象年齢6才~

平面問題の1問目はこんな感じ

平面問題の最終ページはこちら

立体問題の1問目

立体問題の最終ページ

レベルが上がるとともに、付属問題集の問題難易度も上がります!

ロンポススペースエレメント202のおすすめポイント

  • 指先を使い、集中力がつく
  • 平面問題・立体問題の両方にトライできる
  • 問題数が多すぎず少なすぎずほどほどでよい
  • まっすぐな形のピースがないので、転がって紛失しにくい
  • コンパクトなので、休校期間が終われば、お出かけ時の移動時間などにも遊べる
ちっぷ
ちっぷ
我が家では、クリアした問題にはシールを貼って、進度がわかるよう管理してます!

年長さんくらいなら楽しく遊べますよ!

けん玉


 

昔ながらので伝承遊びのひとつ、けん玉。

けん玉のおすすめポイント

  • 集中力がつく
  • 体のバランスを意識する
  • 広くないスペースで遊べる

今はかなりおしゃれなデザインのけん玉もたくさんあるのですが、我が家のおすすめは昔ながらのスタンダードな塗装仕上げのけん玉です!

ちっぷ
ちっぷ
その理由は、おしゃれな柔らかめの塗装だと、けん玉の剣と玉がぶつかったときの衝撃で、玉が傷だらけになって塗装がはげてしまうから!我が家の高価なおしゃれ塗装のけん玉はボロボロになりました…

おすすめの知育グッズ・ゲーム、2人以上で遊ぶ

2人以上で遊ぶ時の、おすすめの知育グッズを紹介します!

アルゴ


 

アルゴとは?

  • 算数オリンピック委員会や、数学者ピーター・フランクル氏らが共同開発
  • 集中力・記憶力・分析力がつく
  • 論理的思考力が身につく
  • 頭のよくなるゲーム

白と黒の0~11のカード22枚を順番に伏せて置き、相手のカードの数字を当てるゲームです。

詳しいルールを教えてくれるルールブックも付属であります!

ちっぷ
ちっぷ
我が家では、購入したその夜から8歳の長男が大ハマリ!一度始めると、楽しすぎて「もう一回!」となかなか終わりません

真剣に推理するので、集中力アップ、論理的思考力アップも期待できます!

オセロ(リバーシ)


 

ボードゲームの定番オセロ!

オセロ(リバーシ)がおすすめの理由は

  • 将棋や碁のようにルールが難しくない
  • 初めは石を置ける場所に置くだけなので小さな子でもできる
  • だんだん戦略を考えるようになるので、先を読む力がつく

オセロ(リバーシ)もいろんなタイプがありますが、おすすめは台が折りたためて、石がマグネットになっているものですね!

ちっぷ
ちっぷ
折り畳み式+マグネットだと、片付けも収納もらくちんです

人生ゲーム


 

こちらも定番ボードゲーム!

楽しいですが、ネックは「時間がかかる」ところ!

休校中、時間があるならば家族で人生ゲームを囲むのもよいですね。

以上、休校中に自宅で楽しめる知育グッズ・ゲームをご紹介しました。

各家庭で様々な事情がありますが、健康にこの休校期間を乗り切りましょう!