絵本の世界

おすすめ歴史の本!幼児から日本史に楽しく親しむ方法

日本史は好きですか?

私は大大大大好きです!!

ちっぷ
ちっぷ
飛鳥時代と、戦国時代が特に好きです!

これはなぜなのかな?と考えたら、おそらく、小さな頃~高校時代に読んだ、昔の日本を舞台にした伝記まんがなどの影響なんですよね。

今は、私たち親世代が子供の頃とは比べ物にならないほどたくさんの学習まんがや楽しい歴史の本が出版されています。

子どもたち
子どもたち
どのシリーズが一番面白そうかな~

そして、各出版社から出ている「日本の歴史」のセット本ももちろんよいけれど、それを読む年齢に達していなくても、歴史に触れられる絵本はたくさんあります。

日本史が得意なパパママも、苦手なパパママも子供と一緒に日本史を楽しめる絵本をご紹介します。

おすすめ歴史の本 大きな流れをつかむ絵本

まず最初のおすすめの歴史の本は、歴史の大まかな流れをつかめる絵本!

ちっぷ
ちっぷ
しかも、楽しく遊びながら歴史の大きな流れをつかめる本を紹介します!

時の迷路


シリーズ累計発行部数270万部を超える大ヒットシリーズの最初の一冊にして最高傑作の「時の迷路」です!

恐竜時代から始まって、縄文→弥生→古墳→奈良…→江戸時代と舞台を変えながら、迷路・隠し絵・クイズで遊べる、歴史入門にピッタリの一冊です。

迷路を楽しみながら、描かれた人物の服装や仕事、風景から各時代の特徴をつかむことができます!


続・時の迷路は、江戸時代→黒船来航→明治時代の文明開化…→戦時中→戦後→現代が舞台です。

ちっぷ
ちっぷ
このシリーズのうち、どれを買おうかな…と迷っているパパママに、間違いなくおすすめできる2冊です!

どこにいる?だれがいる?さがせ!日本の歴史


元・建築家で現・絵本作家の青山邦彦先生の作品です。

いろんな時代にタイムトリップした現代の4人家族を、大きな絵から探す楽しい絵探し本です。

江戸時代だけでも、大坂の陣・大名行列・庶民の花見・江戸の町・幕末の京都と5シーンもあり、歴史の流れを眺めるのにもってこい!

最後のページは東京マラソンの群集と、緻密ながらも迫力のあるシーンばかりです。

ちっぷ
ちっぷ
実は、いろんなページにピンクのポロシャツ&メガネ姿の青山先生ご本人も紛れています!これを探すのも楽しみ~!

絵で見る日本の歴史


細かな風景の絵の絵本をたくさん手がけていらっしゃる西村繁男先生の歴史絵本です。

原始時代~戦後・現代の風景まで、人々の生活が見開きの大きなページで描かれています。

読み聞かせするような文章はなく、絵を見て、子供とあれこれ会話をしながら楽しむ絵本です。

たとえば、台風による強い雨が降る弥生時代のページでは…

ちっぷ
ちっぷ
すごい雨が降ってるね。でも、この柱の高い建物の中身は、雨が降ってもぬれなくて平気そうだね。何が入ってるんだろう。大切なものかな?
子どもたち
子どもたち
何が入っているのかな~。宝物かな?食べ物かな?

などと、お米がしまってあると思われる、高床式倉庫の話をしています。

考えながらページをめくるので、子供の印象に残ります。

また、我が家では

ちっぷ
ちっぷ
犬はど~こだ?こんな縄文時代の昔から、人間と犬は一緒に暮らしてたんだね
子どもたち
子どもたち
木の船に乗ってる人どーこだ!こんな時代に船があったのかー!

と、絵探しも楽しんでいます。

ドラえもん 日本の歴史




小学校低学年からはこちらの学習まんがもおすすめです。

全3巻で、ドラえもんとのび太くんが、タイムマシーンでいろんな時代を訪れます。

ちっぷ
ちっぷ
奈良時代の都人のおじさんや、徳川家康に「やあ、のび太くん久しぶり!」と親しげに呼ばれているのがシュール

おすすめ歴史の本 いろいろな時代がわかる絵本

おすすめ歴史の本、ここからは、各時代の人々の暮らしや文化がわかる絵本を紹介します。

日本昔ばなしのことば絵本


 

こちらは、日本昔ばなしに出てくる道具や仕事、建物や食べ物などを、わかりやすい説明とかわいいイラストで紹介してくれる図鑑のような絵本です。

たきぎ、あんどん、庄屋さん、長者、行李、船頭など、パパママが口頭でしづらい昔ばなしのアレコレを簡単に教えてあげることができます!

ちっぷ
ちっぷ
これも歴史を知るひとつの方法ですね…!

たかこ


舞台は現代の小学校。

「ぼく」のクラスに平安貴族の「たかこ」が転校してきます。

いつも十二単を身につけ、顔を扇で隠しているたかこ。

気位が高く、クラスメイトとなじめずに次第に孤立していくたかこを、「ぼく」は心配しますが、遠足で転機が訪れます。

たかこのしゃべり方や立ち居振る舞い、たかこが披露する琵琶や囲碁、書から、平安時代の貴族文化に触れられます

子どもたち
子どもたち
たかこ、マジやんごとない

みやこのいちにち


山の中にすんでいるこぎつねのこんが、どうしてもみやこに行きたくて、人間の女の子に化けておでかけするお話です。

途中でうっかり、しっぽを出してしまいますが、そんなこんを助けてくれたのは、同じく人間の男の子に化けていたこだぬきでした。

色とりどりのお店や品物が並ぶ、京の庶民の市が楽しい絵本です。

やさいのおにたいじ

こどものとも やさいのおにたいじ

舞台は室町時代の京都

「酒呑童子」という、鬼退治の御伽草子の登場人物を京野菜にアレンジしたかわいい絵本です。

貴族のお姫様である「ひのな姫」が、恐ろしい「こんにゃくいも」にさらわれてしまいます。

姫を助けるために立ち上がったのが、「金時にんじん」「堀川ごぼう」「たけのこ」「水菜」「まつたけ」「賀茂なす」でした!

「鹿ケ谷かぼちゃ」の仙人に助けられ、姫の救出に向かいます。

子どもたち
子どもたち
ついでに京野菜にも詳しくなれちゃう!

対決!どうぶつ関ヶ原


日本縦断絵本「新幹線のたび」でも有名なコマヤスカン先生の絵本です。

関ヶ原を戦った有名な武将がすべてかわいい動物に姿を変えて、東軍西軍に分かれて戦います。

徳川家康=タヌキ、石田三成=サル、小早川秀秋=カエルなどなど、イメージぴったりの変身が笑えます。

関ヶ原開戦前の各武将の陣の位置、開始以降の各武将の動きは史実に基づいたもの。

絵探しもあって、戦国時代入門にぴったりの一冊です。

ちっぷ
ちっぷ
どさくさに紛れて飛んでるUFOとか、遊んでるカエルを探すのも楽しい!

くものすおやぶんとりものちょう


舞台は江戸時代。

岡っ引き(警官)のくものすおやぶんが、ありの菓子屋に盗みに入るという泥棒を捕まえる大捕り物帳。

くものすおやぶんのべらんめえ江戸っ子口調がかっこいいです。

江戸時代の町並みや、お花見風景が見られます

昭和十年の女の子

たくさんのふしぎ 昭和十年の女の子 大阪のまちで

Amazon

現代の小学生モモちゃんは、ひいおばあちゃんと一緒にひいおばあちゃんの子供の頃のアルバムを見ます。

戦前の、豊かな大阪の街が描かれたカラフルで楽しい絵本です。

太平洋戦争で失われる前の、美しくモダンな日本の風景が色鮮やかに描かれています。

心斎橋の地下鉄、百貨店の子供服売り場、宝塚のレビュウなどなど、戦前の華やかな日本を見ることができますよ

ちっぷ
ちっぷ
太平洋戦争がなかったら、今の日本はどう違っていただろう?と考えちゃう

おばあちゃんがこどもだったころ



こちらも、おばあちゃんの思い出をたどる絵本ですが、舞台は戦後から始まります。

小さな頃、親戚の家の二階を間借りして家族で暮らしていたおばあちゃん。

高度経済成長を迎え、たくさんできた団地へ引っ越し、初めてテレビが家に来て、アポロが月に着陸し、進学するための勉強を頑張る…

昭和の日本の移り変わりを見ることができます

子どもたち
子どもたち
昭和ってめちゃくちゃ昔のことだよね?
ちっぷ
ちっぷ
平成生まれの子供からすると、そんな印象なのね…

こうして見てみると、平安時代や江戸時代の絵本はあるけれど、飛鳥時代や古墳時代、明治時代が舞台の絵本ってないんですね…

ちっぷ
ちっぷ
ハニワが活躍する絵本、どうですか出版社さん

おすすめの歴史の本を読んだら 博物館やおばあちゃんの家に行こう

おすすめの歴史の本をご紹介しました。

もちろん、子供にとって大切なのは実際に自分の目で見て、できれば触れて体験することですね。

絵本で楽しんだら、ぜひ博物館へ行ってみてください!

ちっぷ
ちっぷ
我が家は、近くに竪穴式住居の復元模型や江戸時代の農民の家があるので見に行ってます

無理をして、大きな街にある有名な歴史博物館に行って、貴重な歴史資料を見せなくても大丈夫です。

地域の資料館や、パパママのおじいちゃんおばあちゃんのうちにある古いものでも、子供にとっては新鮮なものです。

子どもたち
子どもたち
黒電話やブラウン管のテレビも僕たちからしたら珍しい昔の道具だよー!

昭和中期の古い家電や、ふすま、障子、縁側、欄間(らんま)、雨戸、よしず、すだれ、蚊帳、もう少し古い時代の囲炉裏(いろり)や土間、かまどなど

令和の家庭ではなかなか見られないものを、絵本だけでなく、実際に見てさわる。

これも子供にとって素晴らしい歴史の体験ですね!