絵本の世界

世界の絵本で多文化に出会う!オリンピック前に各国の暮らしを学ぼう

知育パパママの皆様こんにちは。

2020年の東京オリンピックに向けて、小2息子と5才娘と世界地図遊びをしているちっぷ(@chippugadetekur)です。

 

 

オリンピックを迎える前に、子供たちと一緒に世界について学びませんか?

オリンピックに出場する国がどんなスポーツが強いのか、またその国の文化や暮らしを知っておけば、開会式を見るのも、試合を観戦するのもワクワクが違うはず!

ちっぷ
ちっぷ
世界の国ぐにを知ることのできる絵本を集めました!
子どもたち
子どもたち
いろんな国の絵本が読めるぞ!

まず、世界の本を調べたいときにおすすめなのがこの一冊!

 

テーマ別・国別のおすすめの世界の絵本・児童書を見つけられます!

「世界の国を知るための絵本」も、「世界の民話」も、たくさん載ってます。

ちっぷ
ちっぷ
幼児向け~・小学校低学年~・小学校中学年~、とおすすめの年齢も書いてくれてるのが親切!めちゃくちゃ便利です

世界の絵本 世界中の暮らしや文化がわかる本8冊

ちっぷ
ちっぷ
まずは、いろんな国のことを一気に学べる絵本や図鑑をご紹介します!
総合・まず一冊読むなら せかいのひとびと
総合・かわいいイラストなら 世界とであうえほん
食べ物でくらべる 食べているのは生きものだ
お茶でくらべる おちゃのじかん
住居でくらべる 世界あちこち ゆかいな家めぐり
通学路をくらべる すごいね!みんなの通学路
そのほか いろいろ はがぬけたらどうするの?

私はどこで生きていけばいいの?

 

せかいのひとびと


地球上の多くの国、民族、生活文化、宗教、階級など、カラフルなイラストとシンプルな文章でまとめてくれた世界の知識絵本の名作。

初版は1982年ですが、全く古臭さがありません。

ちっぷ
ちっぷ
ただ知識を与えてくれるだけでなく、全編を通して、「みんな違って当たり前」「違うからこそ素晴らしい」というメッセージを子供たちに伝えてくれます。

世界のことを教えたいなら、読みたい一冊です。

世界とであうえほん


 

上述の「せかいのひとびと」と似た作りの大型絵本です。

シンプルでかわいらしいイラストで、世界の暮らし、文化、音楽、お祭りやマナーなどさまざまに紹介してくれます。

子どもたち
子どもたち
眺めるだけでも楽しいカラフルさ!世界の遊びやスポーツを見比べるのも面白いよ

かわいいイラストがお好みなら、「せかいのひとびと」よりこちらがおすすめです!


「世界えじてん」は、イラストは同じてづかあけみさんが担当。

小学生向けで、調べ学習にも使えます。


 

週めくりのカレンダーも出ています!

こちらのカレンダーは、【2020年】子供の知育におすすめカレンダー!地図・言葉も学べる でも紹介しています!

【2020年】子供の知育におすすめカレンダー!地図・言葉も学べる手作り知育大好き! 知育オタクが過ぎて、子供のために手作り知育すごろくを15枚作ってしまったちっぷです。 小2息子「あーすご...

食べているのはいきものだ


「生きものを食べる」ことを通して、世界の食文化を学べる写真絵本。

モンゴルの羊、ラオスの山奥のネズミ・トカゲ・虫、フランスのジビエ、パプアニューギニアのウミガメ…

ちっぷ
ちっぷ
各国の市場や、人々の生活のワンシーンを鮮やかな写真で見ることができます!

こちらの本は、「死と命を描いた絵本6選。別れと、命をいただくありがたさを知る」でも紹介しています。

死と命を描いた絵本6選。別れと、命をいただくありがたさを知る 私が、子供に教えることが難しいと感じることのひとつに、【命】【死】があります。 けれど、それと同時に、大切なことだからぜひ教えておきた...

おちゃのじかん


舞台は、大阪のある家庭の楽しいお茶の時間。

家族みんなが、それぞれ今までに訪れた国での「ティータイムの思い出」を語ってくれます。

ロシア、インド、モロッコ、イギリス、アルゼンチン、台湾…

いろんな国のお茶のお作法やお茶道具、お菓子など、楽しい関西弁で教えてくれます。

子どもたち
子どもたち
年中さんくらいから十分楽しめるおいしい絵本だよ!

世界あちこち ゆかいな家めぐり


とにかく変わった世界の家のオンパレード!

モンゴルのゲルや中国の土楼、トーゴの土の家、インドネシアのとんがり屋根の家…

「どうしてこんな形の家なのかな?」の答えは、その国の気候を考えれば見えてきます。

たくさんの写真と、建物の構造を詳しく描いたイラストが楽しい絵本です。

すごいね!みんなの通学路


2018年の夏休み読書感想文の課題図書に選ばれた有名な一冊です。

長い長い土ぼこりの道を通う子、危険な崖や氷を越えて通う子、橋のない川をワイヤーでつたって通う子…

世界中の驚きの通学路がたくさんです!

ちっぷ
ちっぷ
子供たちは、「自分と同じ小学生が、こんなすごい通学路を通って学校に通っているなんて…!」とビックリ。日本がどれだけ環境がよいのか実感できるようです

はがぬけたらどうするの?


子どもたち
子どもたち
お母さんの小さいころは、抜けた歯を屋根に投げたり縁の下に投げたりしたらしいけど…世界の子供はどうしてるのかな?

なんと、世界の50以上の国での「抜けた乳歯」にまつわる習慣を紹介してくれる本です。

屋根に投げたり、畑に埋めたり、願い事をしながら隠したり…

初めて乳歯が抜けたころ、子供と一緒に読むといいですね!

私はどこで生きていけばいいの?


戦争や紛争で、生まれた国や地域から逃げなければならない子供たちとその家族の暮らしを描いた写真絵本です。

いま、日本で自分がこうして暮らしている間にも、世界のどこかで、おびえながら逃げながら生きている子供たちがいるということを知り、我が家の子供たちは真剣な表情で読み進めていました。

世界の絵本 各国を舞台にした物語・知識絵本

アジア・オセアニアを舞台にした絵本

特におすすめなのは「ぼくのうちはゲル」!


 

モンゴルの遊牧民の赤ちゃんの成長を通して、遊牧民の一年間の暮らしを描いた絵本です。

ちっぷ
ちっぷ
遊牧民の家であるゲルの組み立て方や、動物たちとの暮らしがよくわかります
本の名前
モンゴル ぼくのうちはゲル
ネパール だいすきなもの
タイ しーっ!ぼうやがおひるねしているの
中国 ヤンヤン いちばへいく
韓国 きょうはソンミのうちでキムチをつける日
ラオス 私のスカート
インド カレーライスがやってきた
カンボジア・ベトナム メコン 源流をもとめて
トルコ ギョレメ村でじゅうたんを織る

 

アフリカを舞台にした絵本

アフリカの絵本で特におすすめなのは、



ケニアの少女・ハンダは友達のアケヨのところへ果物を届けに行きます。

その道中で、たくさんの野生動物と出会います。

色鮮やかなケニアの自然が美しい一冊です。



コンゴ民主共和国の少年・ジンガくんが、にわとりのたまごを売りに町の市場へ出かけるお話。

ちっぷ
ちっぷ
一台のバンにぎゅうぎゅうに乗車した人たちや、ヤギを売りに行く子供たち。現代の日本では考えられない光景に、驚きの連続です!
本の名前
ケニア ハンダのびっくりプレゼント
ケニア ハンダのめんどりさがし
コンゴ ジンガくん いちばへいく
セネガル おしゃれがしたいビントゥ
セネガル おじさんのブッシュタクシー
ケニア エンザロ村のかまど
エジプト 絵で見るナイル川ものがたり

 

北アメリカ・南アメリカを舞台にした絵本

幼児におすすめなのは、エリック・カールの「月ようびはなにたべる?」!


アメリカのわらべ唄を元にした、食べ物がたくさん登場する絵本です。

「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールのカラフルな絵が楽しい一冊!


アラスカのイヌイットの親子の物語「かあさん、わたしのことすき?」は、親子の愛情といるイット文化が伝わる絵本。

本の名前
アメリカ 月ようびはなにたべる?
アラスカ かあさん、わたしのことすき?
(イヌイットのくらし) 3びきのゆきぐま
ハイチ あおいうみのイルカたち
チリ アンデスの少女ミア
メキシコ おばあちゃんのちょうちょ
ペルー アンデスのリャマ飼い
ブラジルなど カーニバルがやってきた!

 

ヨーロッパを舞台にした絵本


スペインのオリーブ畑に囲まれて暮らすスーザは、早起きして町の市場へお買い物に出かけます。

スペインの独特の街並みが美しい絵本です!


「シモンのおとしもの」では、20世紀初頭のパリが舞台。

ノートルダム大聖堂など、見開きいっぱいにパリの名所が描かれています。

本の名前
スペイン ねぼすけスーザのおかいもの
デンマーク イエペはぼうしがだいすき
フランス シモンのおとしもの
オランダ うんがにおちたうし
ウクライナ はちみついろのうま
スイス スイス鉄道ものがたり

記事の最初にも書きましたが、世界の物語絵本・知識絵本を調べるにはこちらの本がとても役に立ちます!


図書館にきっとあるはず!

絵本を眺めながら、日本の文化と比べたり、行きたい国を話しあったり…

今から楽しく世界の国を勉強して、子供と一緒にオリンピックを100倍楽しみましょう!