絵本の世界

【2019年最新】 科学漫画サバイバルシリーズ!全作品を主人公別におすすめ【決定版】

小学生に大人気の科学漫画・サバイバルシリーズ、ご存知ですか?

累計販売850万部を突破したこのシリーズ。

「サバイバル」=「生き残り作戦」。

生き物、人体、宇宙、自然災害など、いろんな環境や場所で、遭難やトラブルに巻き込まれた主人公たちに、さまざまなピンチが襲い掛かります。

このシリーズの面白さは、そのピンチを切り抜けるハラハラ感だけでなく、テーマによって、科学的な説明がきちんとされていることにあるのが特徴です。

ちっぷ
ちっぷ
楽しく読むだけで、科学の知識やサバイバルの知恵が身に付くシリーズ!

図書館や学童にも置いてあることが多く、我が家の小2の息子もこのシリーズが大好きです。

韓国発のこの漫画、人気の秘密は…

・小学生が好きそうなギャグ満載

・テンションが高い登場人物

・わかりやすいピンチとスリル感

・まんがだけど勉強になるから、パパママも読むのに寛容

ちっぷ
ちっぷ
サバイバルシリーズを読むようになって、息子の自然の知識が飛躍的に伸びました!「爪の組織のケラチンが…」と言っててビックリ
子どもたち
子どもたち
ストーリーも面白いけど、すっごく勉強にもなるよ~

でも、このサバイバルシリーズ、どれも同じように遭難してるだけって思ってませんか?

実は…数人いる主人公によってストーリー展開に特色があるんです。

サバイバルシリーズ、どれを読もうか悩んだときは、もちろん興味のある分野で選ぶのが一番!

でも、主人公によってのストーリーの特色を知っておけばもっとぴったりのシリーズが見つかる!

小2の我が子と一緒に読んだ、サバイバルシリーズ主人公別の楽しみ方をまとめました!

2019年夏現在のサバイバルシリーズの主人公たちはこちら。

ジオ 明るく元気な正統派主人公。最新刊「飛行機のサバイバル」など。
ルイ 強心臓の元気者。「台風のサバイバル」など。
ドゥリ お調子者。シリーズ屈指のハードさの「海のサバイバル」など。
ジュノ 都会育ちの少年。「昆虫世界のサバイバル」など。
モモ 下ネタが多く、よくおならをする。「洞窟のサバイバル」など。
レオ ほぼギャグキャラ。「無人島のサバイバル」など。
マル 火星着陸を目指すジュニア宇宙飛行士。「宇宙のサバイバル」。
ウジュ 両親とカンボジアへ旅行に。「アンコール・ワットのサバイバル」。
チウ 医師団キャンプを探して旅へ。「ジャングルのサバイバル」。

サバイバルシリーズ、主人公別の魅力とおすすめは?

サバイバルシリーズには、たくさんの主人公がいます。

主人公別にその作品の魅力とおすすめな点をご紹介します!

ちっぷ
ちっぷ
母である私のおすすめ度が高い主人公から順に紹介します!下ネタが多いのは、母親としてはやっぱり苦手…
子どもたち
子どもたち
下に行くほど、低年齢向けの主人公かな

正統派・【ジオ】は明るく元気な主人公!




 

ジオはサバイバルシリーズの中でも最も登場回数が多い主人公です。

黒髪でさわやかな見た目で、ハメを外すこともありますが、明るく元気な正統派のザ・主人公と言ったキャラクターです。

また、近年問題となっている「新型ウイルス」「異常気象」「AI」「有害物質」などの比較的新しいテーマでの登場が多いのも特徴です。

ちっぷ
ちっぷ
下ネタが嫌だな…という子は、ジオが出てくる作品を選べばまず間違いはないでしょう!
子どもたち
子どもたち
ジオが主人公のお話は、紙面がガヤガヤしてなくて読みやすいのも特徴!

ジオは、明るく元気な正統派の主人公。(小5くらい?)

紙面がスッキリしていて、比較的読みやすい

「AI」「エネルギー危機」「アレルギー」など、近年実際に世界で問題になっている、最新の事柄をテーマにしたものが多いのも特徴

小2男子のオススメ度 ★★★★☆

母のオススメ度 ★★★★★

下ネタ度 ★☆☆☆☆

サバイバル度 ★★★☆☆

時事ネタ度 ★★★★☆

ジオが登場するシリーズは…(「~のサバイバル」は省略)

激流深海干潟①②・大気汚染火災異常気象①②・竜巻(冒頭のみ)・有害物質原子力エネルギー危機①②・水不足①②・植物世界①②・地中世界①②・微生物ナイトサファリ①②・寄生虫①②・アレルギー新型ウイルス人体①②・ロボット世界①②③・AI①②・自然史ミュージアム①②・飛行機

【ルイ】は強心臓!雪崩と土砂災害から生還




ルイは、上記の「ヒマラヤのサバイバル」「台風のサバイバル」などに登場します。

少し騒がしい性格で、同行者と口げんかのシーンもところどころありますが、強心臓で運が強い!

「ヒマラヤのサバイバル」では雪崩に遭い、また「台風のサバイバル」では土砂崩れに巻き込まれて生き埋めになります。

しかし、ヒマラヤでの経験を生かして、土砂崩れの生き埋めからは冷静に判断し無事生還

ルイは騒がしいところもあるが、強心臓でいざとなると冷静な性格。

「台風のサバイバル」はかなり緊迫したシーンの連続です!

小2男子のオススメ度 ★★★☆☆

母のオススメ度 ★★★★☆

サバイバル度 ★★★★☆

下ネタ度 ★★☆☆☆

ルイが登場するシリーズは…

ヒマラヤのサバイバル・台風のサバイバル・湿地生物のサバイバル

お調子者・【ドゥリ】は軽率な行動が多い




ドゥリは逆立った茶髪が特徴的。「海のサバイバル」などに登場します。

一緒に遭難したお姉ちゃんと口げんかしたり、ちょっと軽率な行動でピンチを招いたりする、お調子者な性格です。

「海のサバイバル」は、シリーズ中でもかなり過酷なお話で、数週間もの間、家族3人で避難ボートで海を漂流します。

大嵐に見舞われたあと、炎天下の海上で、マジで死んじゃうんじゃないか…という絶望感があります。ほんとのサバイバル。

ドゥリは軽率な行動もあるお調子者、でも家族思い。

「海のサバイバル」は大嵐に見舞われるなど、かなり過酷。

小2男子のオススメ度 ★★★★☆(3.5)

母のオススメ度 ★★★☆☆

サバイバル度 ★★★★☆

下ネタ度 ★★★☆☆

お調子者度 ★★★★☆

ドゥリが登場するシリーズは…

海のサバイバル・火山のサバイバル・極寒のサバイバル・サバンナのサバイバル

【ジュノ】は不思議体験に巻き込まれがち




ジュノは都会育ちのやんちゃな少年。

見た目は後述の「モモ」と似ています。

ジュノの登場する物語の特徴は、現実では有り得ない、「体が小さくなる」「タイムトリップ」体験だということ。

「サバイバル」というよりも、「不思議冒険物語」と言った性質が強いので、あまりハラハラせずに読み進められます。

ジュノの登場するシリーズは、サバイバルというより「不思議冒険物語」なので安心して読み進められる

小2男子のオススメ度 ★★☆☆☆

母のオススメ度 ★★★☆☆

サバイバル度 ★☆☆☆☆

下ネタ度 ★☆☆☆☆

不思議体験度 ★★★★★

ジュノの登場するシリーズは…

昆虫世界のサバイバル①②③・恐竜世界のサバイバル①②

【モモ】は下ネタ多め!暗くならないところが良い




モモは坊ちゃん刈りで見た目は小学校低学年くらい。

オナラ・ウンチ関係の下ネタ多数です。

ちっぷ
ちっぷ
下ネタで無理やりオチをつけにきてるな…と思うこともしばしば…
子どもたち
子どもたち
僕は、「モモめっちゃアホ!!」ってツッコミながら楽しく読んでるよ~!

正直ママの私から見ると「う…う~ん…」という表現が多々ありますが、そこが小学校低学年男子にウケる秘訣でもあります!

また、キャラは置いておいて、物語自体はかなり緊迫したサバイバルが展開されます。

「洞窟のサバイバル」「地震のサバイバル」は、かなりの緊迫感!

モモはとにかくオナラ関係の下ネタが多い。

ウケる子と、苦手…と思う子で評価が分かれる主人公。

一方、物語は緊迫したシーンも多く、中でも「洞窟のサバイバル」は、死を覚悟するシーンもある。

小2男子のオススメ度 ★★★★☆

母のオススメ度 ★★☆☆☆

下ネタ度 ★★★★★

サバイバル度 ★★★★☆

緊迫度 ★★★☆☆

モモの登場するシリーズは…

洞窟のサバイバル・南極のサバイバル・山のサバイバル・地震のサバイバル

もはやギャグ!【レオ】はコロコロコミックの登場人物並!?




レオは…ほぼギャグキャラと思って読んでもらうとちょうどいいです。

見た目は3等身、下ネタ満載のモモよりもさらに幼いキャラクターです。

紙面はとにかく下ネタと、ボケとツッコミの応酬でガチャガチャしています。

ちっぷ
ちっぷ
でも、その明るさのおかげで、サバイバルの辛さや緊迫感があまり無く、楽しい冒険譚として読み進められるといういいところもある!

中でもおすすめな「無人島のサバイバル」には、海あり山あり、動物の狩り、食べられる植物の見分け方、飲み水の作り方…など、サバイバルの基本的な要素がすべて入っています

このサバイバルシリーズの【入門編】と言える一冊です。

レオはとにかく下ネタ多めのギャグキャラ。

紙面は基本的に大騒ぎ、ボケとツッコミの応酬。

「無人島のサバイバル」は、サバイバル要素がすべて入った【入門編】

小2男子のオススメ度 ★★★★☆

母のオススメ度★☆☆☆☆

下ネタ度 ★★★★★

サバイバル度 ★★☆☆☆

明るさ度 ★★★★★

レオの登場するシリーズは…

アマゾンのサバイバル砂漠のサバイバル氷河のサバイバル無人島のサバイバル

番外編・【マル】と【ウジュ】、【チウ】は専門分野のみの登場


「マル」は、人類初の火星着陸を目指すジュニア宇宙飛行士。

宇宙船に乗って、国際宇宙ステーションへ向かうストーリーです。


「ウジュ」は、パパママとカンボジアへ家族旅行へ。

アンコール・ワットを観光中に遺跡の地下に落ち、地下遺跡の探検の旅に出発します。

ちっぷ
ちっぷ
個人的には、家でママにめちゃくちゃ勉強させられているウジュを見て、「か、韓国の学歴社会の恐ろしさ…」と思いましたね…


「チウ」は、訪れていたボルネオのジャングルで、破傷風にかかった仲間を助けるために、医師団のキャンプを探すための旅に出ます。

「ジャングルのサバイバル」は、10巻完結の大長編。

子どもたち
子どもたち
お兄さんっぽいマンガで、僕は面白くなかった…
ちっぷ
ちっぷ
他のシリーズと明らかにテイストが違っていて、週刊少年ジャンプみを感じました…小学校高学年くらいから面白いのかも?

マルが登場するシリーズは…宇宙のサバイバル①②③

ウジュが登場するシリーズは…アンコール・ワットのサバイバル①②

チウが登場するシリーズは…ジャングルのサバイバル①~⑩

おすすめのサバイバルシリーズの選び方の参考に


サバイバルシリーズには【基本編】と呼ばれる15冊があります。

サバイバルシリーズの基本編の15冊とは…

海・深海・山・砂漠・極寒・無人島・アマゾン・氷河・サバンナ・火山・南極・地震・洞窟・干潟①②

大自然や、自然災害をテーマにした初期の15冊です。

初めて読む場合、特に好きな分野が無く迷っているなら、この基本編から選ぶのもおすすめです!


AERA with Kids 2019夏号には、【科学漫画サバイバルシリーズ全紹介!】特集が組まれていますよ。

シリーズそれぞれの見どころも紹介されているので、詳しく知りたいパパママにおすすめです。

今後もますます出版されていくと思われるサバイバルシリーズ。

最近は図書館でも借りやすくなってきているので、ぜひお気に入りの一冊を見つけて、サバイバルの知識を増やしてください!