絵本と教育の本

科学の絵本・福音館の「たくさんのふしぎ」分野別におすすめまとめ!

福音館書店の月刊科学絵本「たくさんのふしぎ」をご存知ですか?

福音館書店の科学の絵本と言えば、

  • 未就園児向けの「ちいさなかがくのとも」
  • 幼児向けの「かがくのとも」

が有名ですが、「たくさんのふしぎ」は、その姉妹月刊絵本に当たります。

最新刊は2020年1月号です。


福音館書店の月刊科学絵本「たくさんのふしぎ」は

  • 対象:小学校3年生~(読み聞かせなら6才頃から)
  • 月一回発行
  • 全40ページ
  • 文章量・漢字ともに多い
  • 専門的な用語も多い
  • 地学・生物・歴史・地理など、多くの分野の不思議を紐解いてくれる、小学生向けの科学絵本
  • 図書館にも多く所蔵されている
ちっぷ
ちっぷ
テーマによっては、難しいこともありますが、読み聞かせのコツをつかめば、子供は引き込まれる科学の絵本です

この記事では、福音館書店の月刊科学絵本「たくさんのふしぎ」の魅力をまとめます!

科学の絵本・月刊「たくさんのふしぎ」で学ぼう

「たくさんのふしぎ」の読み聞かせをする年齢

「たくさんのふしぎ」は、一人で読むなら小学校3年生~とされていますが、読み聞かせをするなら、年長さん、小学校1年生から使えます。

それ以上小さい年齢なら、「かがくのとも」を楽しむ方がよさそうです。

なぜその年齢からがふさわしいかというと、

  • 比較的、文章量が多く、漢字や専門用語が使われているから
  • どの分野においても、ある程度の基礎知識が必要になるから

ある程度の文章量があるので、説明文に慣れるのにはとてもよい絵本です。

「たくさんのふしぎ」を読み聞かせするポイントは

  1. 子供がダレるようなら、一度に最後まで読まずに、何日かに分けて連載のように読み聞かせする
  2. また、興味のある、最も重要なページのみ読み、寝かせておく
  3. ページの最後(次の展開に移る前)に、「なぜでしょうか?」「何が起こっているのでしょうか?」という文が入っていることが多いので、子供に問いかけ、参加型の読み聞かせにする
ちっぷ
ちっぷ
知っている知識をフル動員して、子供なりの考えを述べてくれますよ!子供は意外にいろんなことを考えているのですね…!

科学の絵本・月刊「たくさんのふしぎ」の分野別おすすめ

毎月発刊される「たくさんのふしぎ」の中から、特によく読まれたものが「たくさんのふしぎ傑作集」として、ハードカバーで再出版されます。

ここからは、分野別におすすめの「たくさんのふしぎ」をまとめていきますね!

姉妹月刊絵本「かがくのとも」には、50年で発刊されたものをずべてまとめた「かがくのとものもと」があります!


地球の成り立ち・地学の「たくさんのふしぎ」


最も硬い物質・ダイヤモンドでできたがんじょうな乗り物に乗って、地球の中に潜っていく地底旅行の物語。

鉱物や謎の液体の中を通り抜けて、ついに地球の中心部「内核」へ到着します!


浜辺に転がるたくさんの石ころは、丸い石、黒い石、しましまの石…なぜこんなにいろんな石があるんだろう?

元は険しい山の一部分だった石が、川を下り海に流れ着き、海底へ沈み、形を変え、いつしか地殻変動でまた山の一部分となる…地球のかけらである石ころの壮大な旅の物語。

生物の「たくさんのふしぎ」



なぜ、しっぽを持つ動物と持たない動物がいるのか?

その違いは何なのか?

平野の動物、樹上の動物、空の動物、海の動物…あらゆるところに住む動物を調べ、生物の起源と多様性に迫る絵本。


「カタツムリの楽園」と言われる小笠原諸島。

どうやって、絶海の孤島であるこの島々にカタツムリはたどり着いたのか?

そして、なぜこんなにたくさんの種類にカタツムリが棲んでいるのか?

ちっぷ
ちっぷ
生物の進化の不思議を、漫画のコマ割りでわかりやすく教えてくれる本です。 


アリも人間も、魚も苔もキノコも、すべての生き物は38億年前に生まれたひとつの細胞から生まれた仲間。

わたしたちへ受け継がれてきた命のバトンの物語です。

数学の「たくさんのふしぎ」


 

一見難しい【確率】をわかりやすく、漫画のコマ割りで説明してくれる本。

宇宙の地球研究員アールと地球の少年エヌくんが、サイコロや天気予報、誕生日を使って「確率とは何か」を究明していきます。



時計や体温計なら、アナログとデジタルの違いはわかりやすい。

では、言葉や表情はデジタル?アナログ?

都会の街並みは?田舎の風景は?デジタル?アナログ?

身の回りのいろんなものを、なめらかな動きのアナログと、とびとびの動きをするデジタルに振り分けていきます!

日本地理の「たくさんのふしぎ」


 

他の海と比べて、あまりにも小さな海・日本海。

しかし、日本海は日本の周りの海流、大陸からの季節風、気候と、日本を取り巻く環境に大きな影響を与える海だった。

地理と気候の両方を同時に学べる科学絵本。

日本の歴史の「たくさんのふしぎ」


 

天王寺動物園、阪急電車に乗って見に行く宝塚のレビュウ、子供たちの大好きなお菓子や映画。

昭和十年の、華やかな大阪の街の様子を描いたわくわくする絵本。

太平洋戦争によって失われる前の、色鮮やかな日本の都会の姿を堪能できます。


古ぼけた日章旗の持ち主は、兵隊として太平洋戦争に参加した「一郎くん」。

筆者は、わずかな手がかりを頼りにして、「一郎くん」の遺族に日章旗を届けることにします。

戦争で家族を失う悲しみ、故郷に大切な家族や夢を置いて戦場へ向かう若者の無念さ、戦争の愚かさに胸がしめつけられる作品です。

日本文化の「たくさんのふしぎ」


見た目も美しい和菓子が勢ぞろい。

年中行事や和菓子のいわれを学ぶことのできる美しい一冊です。


日本各地のさまざまな形をしたしめかざりの伝統を紐解く絵本。

言語の「たくさんのふしぎ」


日本語で「1本」と数えるものはいくつある?

オーソドックスなものから、思いもよらない「1本」と数える仲間をすべて集めたユニークな絵本。

ちっぷ
ちっぷ
子供と読むとめちゃくちゃ盛り上がります!


化粧室・便所・洗面所・雪隠・御不浄(漢語)

はばかり・かわや・おてあらい(和語)

トイレ・WC(外来語)

「トイレ」を表す言葉だけでもこんなにたくさん!

言葉の言い換えや時代ごとの流行語、新しい表現を楽しく学べる本です。

世界がわかる「たくさんのふしぎ」


私たちが普段使っている鉛筆は、どこでどのようにして作られたのだろう?

スリランカで黒鉛を採る人、アメリカで木材を伐る人、日本で鉛筆を加工する人…

世界中の多くの人の仕事により、身近なものが作られているという、子供の視野を広げてくれる一冊。

まだまだたくさんある、おすすめの「たくさんのふしぎ」。

随時追加していきますね。

かこさとしの絵本!必ず読みたい科学絵本の神様のおすすめ作品5選絵本作家・かこさとし先生。 子育て中のパパママなら、このお名前を一度は耳にしたことがあると思います。 名作「からすのパンやさん」や「...
サバイバルシリーズおすすめは?主人公別に読みやすさ・下ネタ度紹介小学生に大人気の科学漫画・サバイバルシリーズ、ほぼ全巻読みました。 累計販売850万部を突破したこのシリーズ、冬休みや夏休みに制覇...