楽しい知育

子供×地理×遊びは相性最高!パズル・アプリ・ポスターほか日本地理の遊び方6選

日本地理の学習の取り組み、どんなことをされていますか?

日本地理に限らず、社会は暗記科目ではありますが、旅行やお出かけの実体験と絡ませると、印象に残るのでとても良いと言われていますね。

中学受験を迎える前に、47都道府県を制覇する「旅育」をしているご家庭もあるくらいです。

しかし、我が家のように「そんなにちょくちょく旅行に行けない!」というご家庭もありますよね。

我が家は、「地理は日常で遊ぶ」派です!

今、小2の息子も年中の娘も、2歳前後から地理遊びを楽しんできました。

農作物や工業製品などの細かなデータはまだまだ頭に入れる途中ですが、日々の遊びのおかげで、我が子は地理が大好き&得意だと思っています。

我が家でここ数年取り組んできた地理遊びを項目ごとにまとめておきます。

子供と地理遊び パズルで楽しく覚えよう

我が家の地理遊びのスタートは、有名なこちらのパズルでした。


小2息子は2歳の誕生日前、年中娘も2歳3か月の頃には、このパズルで遊び始めました。

くもんにほんちずパズル・はじめは色と形を楽しんだ

はじめは、ひらがなの読み方シールを貼った、地域ごとに色分けされたカラーピースで遊びました。

私は横で「○○県だね」というだけの簡単なお仕事。

二人とも2歳代には、ただの立体パズルとして一人で完成させていたと記憶しています。

この時点では、文字も読めないので「この形は○○県!」と認識はしていません。

(二人とも言葉がゆっくりなのもあり)

凸凹した形や、カラフルな色を楽しんでいました

不思議なもので、二人とも北海道ピースから始めて、東北→北信越→関東→中部…と北・東から進めていっていました。

カラーができたら、色なしピースにチャレンジ

こちらのパズルは、もう一種類、難易度の高い色なし都道府県ピースがあります。

カラーでできるようになったら、色なしピースにチャレンジです。

面倒なので、色なしピースにはひらがなシールはなし。

いずれ都道府県名は漢字で習うことになるので、色なしピースの方は漢字に慣れてもらおうという魂胆もありました。

色なしピースも、普通の平面のジグソーパズルと同じように、形を見て試行錯誤しながら楽しんでいます。

息子は年中の頃から、「これは○○県?」「この長いのは○○県!」と、漢字だけの色なしピースの都道府県名をきちんと把握できていました。

さらに活用した遊び方①旧国名シールを貼る

息子が年長の時、色なしピースの都道府県名を覚えたので、次のステップとして色なしピースに近代まで使われていた「旧国名」の手書きシールを貼りました。

地理×歴史の学習効果を狙いました。

厳密に 1都道府県=1旧国名 にはならないので、例えば広島県のピースには「安芸」「備後」の二つの国名シールを貼っています。

さらに活用した遊び方②目隠しして、手触りで県名をあてる

年中娘はまだまだこのパズルで遊びますが、小2息子はあまりパズルとして楽しまなくなったので、違う遊びを考えました。

①袋の中から私が一つピースを選んで、目をつむった息子に渡す

②息子は手触りだけで、どこの都道府県かあてる

これだけのシンプルな遊びですが、かなり盛り上がります。

子どもたち
子どもたち
このでかさ…間違いない、長野!
ちっぷ
ちっぷ
やりおるな、おぬし

一時期、やたら「千葉」「チリ」と答えるという珍解答もありました。

岬や半島の形も手触りで感じられるので、おすすめの遊びです。

子供と地理遊び かるた・ポスター

地理遊び、続いてはかるたのご紹介です!

かるたとスリーヒントカードで地理遊び

このかるたが、娘3歳の頃からのお気に入りです。


娘はこのかるたのおかげでひらがなを覚えたようなものです。

最初は、私が読む読み札のヒントから、イラストを元に探し、

それから取り札のひらがなを覚え、読み札の文章を覚え、年少の頃からは、このかるたの読み札を読んでくれています。

このかるたは、小さな子供にもわかりやすい「海」「砂丘」「山」「湿原」「中華街」などで遊ぶイラストや、おいしい名産品を食べているイラストが魅力的です。


ちっぷ
ちっぷ
スリーヒントカードは、息子が中学年になる今から活躍の予定です!

おふろポスターで地理遊び

息子が年少の頃、このくもんのおふろポスターをお風呂の壁に貼りました。


「○○県はど~こだ?」クイズのほかに、

ちっぷ
ちっぷ
山という漢字が使われている県はいくつあるでしょう?
子どもたち
子どもたち
山口~富山~山形~…

という県名クイズも楽しみました。

 

息子が年長になった頃、もう少し情報が欲しくなり、中学年向けの学習日本地図を購入。


こちらは名産品や、主要道路、空港なども載ってます!

子どもたち
子どもたち
一番空港が多い都道府県ってどこだろう?
ちっぷ
ちっぷ
いいねえ~予想してから数えよう!

などと毎晩ワイワイ入浴しております。

ちなみに空港が多いのは北海道や、沖縄、鹿児島ですね。

北海道は離島の多さと面積の広さ。沖縄・鹿児島は離島が多いのが理由のようです。

子どもたち
子どもたち
北海道の中を飛行機で移動するなんて…北海道って大きい!!

という感想を言ってました。

お風呂ポスターではないですが、この立体日本地図カレンダーも最高です。


カレンダー部分はもはやおまけ!

日本列島の凸凹具合を、実際に触って確かめることができます。

我が家では、家庭訪問の時にも先生の横にドーンと飾っておいた一品です。

他にもこんな地理遊び!アプリ・農作物・CD

工夫次第で、いろんな地理遊びができますね!

学習アプリで地理遊び

最近は学習アプリも充実してますね!

あそんでまなべる日本の国立公園

あそんでまなべる旧国名パズル

我が家がインストールして、息子が遊んでいる地理系アプリはこの二つですが、

あそんでまなべる都道府県クイズ

このもう少し簡単なこのアプリも、もう少ししたら娘用にインストールしようかと思っています。

ちっぷ
ちっぷ
アプリならではの手軽さが最高!

農作物で地理遊び

一時期、私が柑橘類の果物と、お米の食べ比べにはまっている時期がありました。

①柑橘類の果物の食べ比べ

買った時に、生産地を覚えておいて、白地図(何も書いていない枠だけの地図)のその都道府県の場所に、子供に柑橘類の名前を書いてもらう。

子どもたち
子どもたち
愛媛、佐賀、和歌山、山口…西の方が多いね!あったかいところが多い!

②お米の食べ比べ

2キロ入りの小さな袋を買ってきて、毎晩いろんなお米を食べる。

日本の主な平野と川を描いた地図に、産地と品種名を書いてもらう。

子どもたち
子どもたち
山形。北海道。新潟。今度は寒いところが多いね。広い都道府県が多いね。

おいしい上に、いろんな気づきがある、農作物×地図の取り組みです。

今度はスーパーで買い物中に見かけた農作物の産地を白地図に落とし込む取り組みをする予定です。

あと、今度はこれを買おうか迷っています…

地理遊び、CDや児童書で楽しく覚えよう

我が家は、保育園の送り迎えと学童の迎えは車を使うので、車内では学習系CDをかけっぱなしです。

こちらのCDは地理だけではないですが、有名な(?)ロックンロール県庁所在地が収録されています。

とにかくノリがよいので頭に入りやすいです。


中学受験教材としても有名な、七田式の社会科ソング日本地理編です。


これは本当にオススメです。

「海流の歌」とか「日本の川」とか、ほかの学習系CDには絶対ないはず。

歌詞に合わせた日本地図やデータが載ったテキストがついてるので、歌というよりほぼ勉強ですね。

 

息子が小1のときに買った児童書です。

子どもたち
子どもたち
クイズや、間違い探しもあって面白い!

子供×地理×遊びは相性がいい!

我が家で今まで取り組んできた、地理に親しむ遊びをまとめてみました。

ちっぷ
ちっぷ
そりゃーこれだけやれば、地理得意になるな…

と、改めて自分で思ってしまいました。

子供×地理の相性がいいのは、地理×遊び・ゲームの相性がいいからなんですね。

暗記と思わずに、まずは小さなうちから遊びで取り入れていくと地理が好きになります。

そこから、海流や気候、歴史や立地などを学んだ時に、論理的に産業・農業などと結び付けていくことができれば最高だと思います!